古賀友樹が、かながわ短編演劇アワード2020 演劇コンペティション参加作品・スペースノットブランク「氷と冬」に出演します。
◇3/20(金・祝)~22(日)
【かながわ短編演劇アワード2020 演劇コンペティション@ KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ】の詳細は こちら

★3/12現在→ コロナウイルス感染拡大防止対策により、無観客・審査員のみにて実施される運びとなりました。ライブ配信が予定されています。

◆「氷と冬」について(スペースノットブランク公式サイトより)
現代に於ける(主に人と人による)精神的な冷戦状態を舞台芸術として表した作品を制作する。それは「社会」や「国家」という広義なまとまりの中だけではなく、個人間で起こっているものとし、ての冷戦(あるいはただ冷たいだけの)状態について、である。物語や関係は個々の言語を用いて想像されるものと仮定して、作者たちは「状態」を制作し、関わり合いによって起きる「現象」を描く。登場する生物たちは固有の抑止力を持っていて、それが何なのか互いに知る術がないところからはじまり、場合によっては(日常と同じく)終わりまで何も起きない。仕組みを新しく作り出すことも見据えてこの「冷たい舞台」を制作し実演する。

◆参加団体
Aブロック:安住の地、架空畳、ジョン・スミスと探る演劇、モメラス
Bブロック:神奈川大学附属高等学校演劇部(22世紀飛翔枠)、くによし組、シラカン、スペースノットブランク

◆審査委員:岩渕貞哉、岡田利規、笠松泰洋、スズキ拓朗、徳永京子、林香菜(五十音順)

かながわ短編演劇アワード2020 演劇コンペティション参加
スペースノットブランク「氷と冬」(←スペースノットブランク公式サイトの本作のページをlink!)
演出:小野彩加、中澤 陽
出演:古賀友樹、櫻井麻樹、瀧腰教寛、深澤しほ
制作:花井瑠奈
保存記録:植村朔也
協力:プリッシマ、ヌトミック、東京はるかに
製作:スペースノットブランク
◆日程:〈Bブロック〉3/21(土)13:00 3/22(日)12:00
※スペースノットブランクは『Bブロック』参加です。その点にどうぞご注意ください。3/22(日)18:30からは『公開審査、表彰式』もあります。全体のスケジュール、チケット取り扱い、お問い合わせ先などの詳細は、上記かながわ短編演劇アワード2020公式サイトをどうぞご覧ください。

【チケット一般発売日&料金】
チケット一般発売日:1/29(水)
料金:大人 1.000円 高校生以下 500円
※3/22(日)の公開審査会・表彰式は入場無料(先着順)です。

【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ 地図は こちら
神奈川県横浜市中区山下町281 TEL:045-633-6500
みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口より徒歩5分
みなとみらい線 元町・中華街駅 1番出口より徒歩8分
横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅より徒歩14分
JR根岸線 関内駅または石川町駅から徒歩14分

作品自体の詳細は、スパースノットブランクのサイト をどうぞご覧ください。
ツイッターは こちら、フェイスブックは こちら です。
あるいは、上記のかながわ短編演劇アワード2020公式サイトをどうぞご覧ください。
ツイッターは こちら、フェイスブックは こちら です。