ゆうめい2020 表ゆうめい2020 裏古賀友樹が、ゆうめい「ゆうめいの座標軸『弟兄』」に出演します。「ゆうめいの座標軸『俺』『弟兄』『あか』」としての3作品交互上演の一作です。古賀は2016年に「みんな」(新宿眼科画廊 スペース地下)、2017年に「弟兄(おととい)」(下北沢演劇祭 下北ウェーブ2017@小劇場 楽園、再演@ STスポット横浜)、2018年に「巛(かわ)」(下北沢OFF・OFFシアター)と、ゆうめいに連続して出演してきましたが、今回はゆうめいの代表作を交互上演する企画の中で、古賀にとっても代表作である「弟兄」に出演します。「弟兄」(池田亮氏自身のイジメられた十代の体験が基となったストーリー)は初演にて非常に反響が大きく、評価の側面でも好評を博しました。今回はその再再演です。演劇は今、90年代生まれの若き世代のクリエイターたちへと更新されています。池田亮氏率いる “ゆうめい” という名の新たな演劇界の才能と共に、古賀友樹のその実力と魅力に、どうぞご期待ください。

◆『ゆうめい』とは
2015年、舞台作品・美術・映像を制作する団体として設立。
自身の体験や周囲の人々からの「自分のことを話したい」という声を出発点として、生々しくも多種多様に変化していく環境と可能性を描く。『弟兄』が「下北ウェーブ2017」選出。『弟兄(再演)』が「TV Bros.」内「2017年のベスト演劇」に、MITAKA “Next” Selection 20th『姿』が同誌「ステージ・オブ・ザ・イヤー2019」に選出される。

【本作について(公式サイトより)】
今の「ゆうめい」に至るまでの軸となる代表作『俺』『弟兄』『あか』を再演します。
自分や他者の体験に対して別々のアプローチを経て作り上げた別軸の3作品を通して、より立体的に“ゆうめいの今までとこれから”を楽しんでいただければ幸いです。
そして新たな軸であるワークショップの発表公演もあります。
1作品だけ観ても楽しんでいただけるようブラッシュアップを重ねて、あの時できなかったことと、今できるようになったことをぐるっとまとめて発表します。
みなさま、お待ちしてます!

『弟兄(おととい)』
克服できない嫌な体験から生まれてしまった話。
2017年のゆうめい代表作となってしまった話。
演出:池田 亮
上演時間:80分

『俺』
2015年にゆうめいの初公演となった二人芝居。
今回は新たにギュッとまとめて一人芝居にて上演。
演出:池田 亮
ドラマターグ:森谷ふみ
上演時間:75分

『あか』
祖父の絵を展示しながら実の親子が出演。
2020年版では別の親子も出演し、別の家族へ伝わっていく。
絵画制作:池田一末
演出:石倉来輝、石倉千津子、池田 亮、五島ケンノ介、小松大二郎
上演時間:70分

★2/28現在→ 昨年秋に三鷹市芸術文化センターにて上演された「姿」の上映会が、3/7・8(土・日)17時より行われます。
★3/4現在→ ワークショップ発表会が、3/14・15(土・日)20時より行われます。
★3/11現在→ 3作品の中の「あか」が公演中止となったことにより、代わりに「俺」3/13(金)20:00、「弟兄」3/14(土)14:00&16(月)14:00の計3公演が追加公演となりました。

ゆうめい「ゆうめいの座標軸『俺』『弟兄』『あか』」(←公式サイトの本作のページをlink!)
作:池田 亮
※演出のクレジットは、上記の通りです。
※古賀の出演は、3作品交互上演の中で「弟兄」のみです。その詳しいスケジュールは下記の通りです。

【日程】 ※上記の通り、「あか」公演中により、上演の演目に変更が生じました、詳細はゆうめい公式サイトをどうぞご覧ください。
3/4(水)~16(月) こまばアゴラ劇場

3/04(水)20:00◇
3/05(木)20:00◇
3/06(金)20:00◇
3/07(土)11:00○ / 14:00◇
3/08(日)11:00● / 14:00◇
3/09(月)休演
3/10(火)20:00★
3/11(水)14:00◇ / 20:00★
3/12(木)14:00★ / 20:00○
3/13(金)20:00★
3/14(土)11:00● / 14:00★←◇「弟兄」に変更! / 17:00◇
3/15(日)11:00○ / 14:00◇ / 17:00★←◇「弟兄」に変更!
3/16(月)11:00● / 14:00★ / 17:00◇

【注意事項】開演時間のあとに、各作品を記号分けしました。それは以下の通りです。尚、各上演時間は上記の通りです。
◇印=「弟兄(おととい)」 計9公演 ※古賀の出演はこの作品のみです。どうぞご注意ください!
○印=「俺」(小松大二郎バージョン) 計3公演
●印=「俺」(田中祐希バージョン) 計3公演
★印=「あか」 計7公演  合計22公演

【出演】
『俺』
田中祐希 / 小松大二郎(ダブルキャスト)

『弟兄』
古賀友樹 中村亮太 鈴木もも 宮岡有彩 石川琢康
田中祐希 小松大二郎 / 森谷ふみ

『あか』
石倉来輝 石倉千津子 池田 亮 五島ケンノ介 小松大二郎

【スタッフ】
舞台美術:池田 亮
舞台監督:田中祐希
音響:鈴木はじめ(妖精大図鑑)
照明:中西美樹
宣伝美術:田中涼子
制作:黒澤たける
制作助手:佐々木啓太
芸術総監督:平田オリザ
技術協力:鈴木健介(アゴラ企画)
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
企画制作:ゆうめい/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
協力:ニッポンの河川、ままごと、天ぷら銀河、妖精大図鑑、プリッシマ、株式会社PTA
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)、独立行政法人日本芸術文化振興会

【チケット一般発売日&料金】
チケット一般発売日:1/15(水)20:00~
料金:一般予約 3.000円 初日割 2.000円(各演目の初日) 早期割(3/8までの全演目)・平日昼割 2.500円
学生・U29予約(身分証提示) 2.500円 初日割 1.500円(各演目の初日) 早期割(3/8までの全演目)・平日昼割 2.000円
当日券 上記各料金の500円増し
遠方割 500円(要予約・枚数限定) ※一都六県外の方を対象に500円でご観劇いただけます。お住まいが分かるものを2枚ご提示ください。一都六県内の方でも、劇場までの片道の交通費が2.000円を超える場合はメール(アドレスは下記をご参照のほど)にてご相談くださいませ。
高校生以下 500円(要予約・枚数限定) ※学生証など身分の分かるものをご提示ください。
半券割 半券(本公演使用済みチケット1枚)につき一名様500円引き。割引は何度でも、2枚まで併用が可能です。 ※ご希望のステージをインターネットでご予約いただき(予約フォームは下記の通りです)、当日、半券記載のシリアルナンバーをご提示ください。同日同演目の半券は1枚のみ有効とさせていただきます。尚、半券は譲渡自由となっています。但し、遠方割・高校生以下の方は半券割を併用できません。あらかじめご了承くださいませ。

◆チケット取り扱い(インターネット予約)は CoRich舞台芸術→ こちら
※ご予約は当日1ステージ目の2時間前まで可能です。
※日時指定・全席自由・整理番号付です。
※ロビーの混雑によって開場時間が多少前後する可能性がございます。予めご了承ください。
※未就学児童は保護者同伴をお願いしております。

お問い合わせ:yumei.contact@gmail.com

【会場】
こまばアゴラ劇場(←アクセスあり!)
目黒区駒場1-11-13 TEL:03-3467-2743
※駒場東大前駅からこまばアゴラ劇場までの道筋
渋谷から京王井の頭線各駅停車で2駅目、駒場東大前駅から徒歩3分(急行は止まりませんのでご注意下さい)。
駒場東大前駅東口(渋谷方向の改札)を出て右の階段を下りる。線路に沿って道なりに突き当たりまで歩く。突き当たり右の階段を下りる。降りてすぐの十字路を左に。30mほど歩くと右手にこまばアゴラ劇場があります。
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
※こまばアゴラ劇場は劇場が建物の2階部分にあり、多くの公演が階段でのご入場となっております。車椅子など、階段でのご入場が難しい方はあらかじめ劇場・劇団までご確認・ご相談ください。

公演の概要、チケットご予約などの詳細は ゆうめいのサイト をどうぞご覧ください。 尚、ツイッターは こちら です。
合わせて、上記こまばアゴラ劇場公式サイトもどうぞご覧くださいませ。