アヴァンギャルド 大手アヴァンギャルド 裏中西良介が、【Triglav(トリグラフ)】に次ぐ自身による2つ目の演劇ユニット【アヴァンギャルド×コンプレックス】の旗揚げ公演を行います。トリグラフでは中西は『翻訳・出演』を担い、翻訳劇を上演し続けておりますが、アヴァンギャルド×コンプレックスでは今回は鄭義信氏の戯曲「冬のサボテン」を上演します。この戯曲の題材は『LGBTQ』、いわゆるセクシャル・マイノリティです。まさに現代社会においてクローズアップされた題材が、アヴァンギャルド×コンプレックスの手によって新たに表現されます。本作は準備を重ねられて長期に渡って制作された作品です。中西の新たなる挑戦に、どうぞご期待ください。
※本作は、弊社の田村彩絵が『振付』を担当します。その点にも、どうぞご期待ください。
 

【アヴァンギャルド×コンプレックスとは(本作のチラシより)】
新国立劇場演劇研修所の同期4人を母体に立ち上げた演劇チーム。『演劇は人を繋ぐ』をモットーに、劇場公演のみならず教育現場や企業研修など、演劇が社会に働きかける場を探し、人と人が繋がるための演劇を提供し続けます。定例イベント開催中、是非ご参加くださいませ!

◇アヴァンギャルド×コンプレックスのコンセプト等は こちら
◇中西のもう一つの演劇ユニット【Triglav(トリグラフ)】は こちら
※トリグラフは2020年1月に横浜にて「新訳 二十日鼠と人間」(作:ジョン・スタインベック 翻訳・出演:中西良介 演出:新井ひかる)を上演予定です。こちらも合わせてどうぞご期待ください。

アヴァンギャルド×コンプレックス 第一回公演「COUPLES 冬のサボテン」(←link!)
作・監修:鄭 義信
音楽:中村 中

【日程】
10/31(木)~11/4(月) 下北沢・小劇場 楽園

10/31(木)19:30
11/01(金)14:30 / 19:30
11/02(土)13:00 / 18:00
11/03(日)13:00 / 18:00
11/04(月・祝)13:00

※上演時間は100分の予定です。
※開場は開演の30分前の予定です。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※開演時間を過ぎますと、劇場構造の都合上お席へのご案内が難しい場合があります。お早めのご来場をお願いいたします。

【出演】
岩男海史
髙倉直人
永田 涼
中西良介(以上、アヴァンギャルド×コンプレックス)

大江晋平

スペシャルサンクス
青山吉良

【スタッフ】
舞台監督:三上文緒
美術・宣伝美術:岩男百花
照明:平松 篤
音響:前田マサヒロ
衣裳:岩男海史
振付:田村彩絵
制作:emuzplan
宣伝撮影:名児耶洋
広報:段 裕之
営業:大橋哲也
演出補:椎名一浩
営業協力:妃咲姫
広報協力:小園 優
撮影協力:あすとろ
特別協力:阿岐之将一

協賛:株式会社TENGA・下北沢あずま通り商店街
助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
後援:新国立劇場演劇研修所

【チケット一般発売日&料金】
チケット一般発売日:8/10(土)18:00~
料金(全席自由):一般前売 3.500円 カップル割(性別問わず2名様1組) 6.000円 演劇はじめて割(アンケートあり) 2.000円
※当日券は各料金プラス500円です。

◆チケット取り扱い
ご予約はカルテットオンライン チケットサービスにて→ こちら
割引チケットのご予約は→ こちら

★尚、本公演のクラウドファンディングを行います(8/10 18:00~/特典あり)。
詳細は公式サイト、公式ツイッターなどをどうぞご確認くださいませ。

お問い合わせ:ticket@emuzplan.com

【会場】
下北沢・小劇場 楽園 地図は こちら
東京都世田谷区北沢2-10-18 藤和下北沢ハイタウンB棟地階 TEL:03-3466-0903
※小田急線・京王井の頭線ともに、「下北沢駅」に新設された「中央口改札」から劇場へ向かってください。「東口改札」から「中央口改札」へと名称変更されました。また、小田急線と京王線では改札が別となりました。その点に、どうぞご注意ください。本多劇場との位置関係は、本多劇場正面入口(階段)を前にして、右隣のビルの地下となります。

公演の概要、チケットお取扱いなどの詳細は、アヴァンギャルド×コンプレックスのサイト をどうぞご覧ください。尚、ツイッターは こちら、フェイスブックは こちら です。