利賀2019古賀友樹が、利賀演劇人コンクール2019 最終上演審査作品「熊」〈一人芝居〉に出演します。本作の演出は、スペースノットブランクの小野彩加、中澤陽両氏です。場所は富山県利賀ではありますが、夏のバカンスを兼ねて是非、お越しいただければと願います。
古賀は現在、スペースノットブランクのこまばアゴラ劇場初進出作品「すべては原子で満満ちている」(6/14~23)に出演中ですが、間を置かず本作への出演となります。一人芝居は、古賀にとっては初めての挑戦です。
スペースノットブランクも古賀もまだ20代半ば。演劇界は今、こうして90年代生まれの新しい才能へと更新されています。新世代によって創造・更新された新たな舞台芸術のその次元、クリエーションの成果に、どうぞご期待ください。
◆上演中の「すべては原子で満満ちている」の詳細は こちら
◆利賀演劇人コンクール2019の公式サイトは こちら
◆富山県利賀芸術公園の公式サイトは こちら

【スペースノットブランクとは】
小野彩加と中澤陽が舞台芸術を制作する組織として2012年に設立。舞台芸術の既成概念に捉われず新しい表現思考や制作手法を取り入れながら舞台芸術の在り方と価値を探究している。環境や人との関わり合いと自然なコミュニケーションを基に作品は形成され、作品ごとに異なるアーティストとのコラボレーションを積極的に行なっている。2017年〈第8回せんがわ劇場演劇コンクール〉にてグランプリ受賞。2018年〈下北ウェーブ2018〉に選出、〈高松アーティスト・イン・レジデンス2018〉に招聘。

利賀演劇人コンクール2019 最終上演審査作品
一人芝居「熊」(スペースノットブランク公式サイト内の本作のページをlink!チケット料金&予約方法も記されています!)
作:アントン:チェーホフ
翻訳:神西 清
演出:小野彩加、中澤 陽
出演:古賀友樹

【日程・会場】
7/6(土)14:00開演
富山県利賀芸術公園 利賀山房(←アクセスをlink!)

上演の詳細は、上記の利賀サイドの公式サイトをどうぞご覧ください。
尚、スペースノットブランクの公式サイトは こちら、ツイッターは こちら、フェイスブックは こちら です。