下北沢演劇祭2019古賀友樹が、第29回下北沢演劇祭 コード・コード・コード ’19・スペースノットブランク「言葉だけでは満ちたりぬ舞台 Words are not enough in Theatre」に出演します。古賀は2018年は「緑のカラー」「ネイティブ」「舞台らしき舞台されど舞台」「デーモン・ネーション」と、スペースノットブランクの4作品に連続して出演しました。スペースノットブランクは古賀にとって、多摩美術大学在学中から参加している最も付き合いの長いカンパニーです。一つの言葉・カテゴリーでは言い表せない・くくり切れないスペースノットブランクの新しい世界観は、演劇界で今、非常に注目されています。2019年は本作上演後の6月に、こまばアゴラ劇場にて新作を上演することが決まっています。初のこまばアゴラ劇場となります。スペースノットブランクも古賀も、まだ20代半ばです。演劇界は今、こうして90年代生まれの新しい才能へと更新されています。新世代によって創造・更新された新たな舞台芸術のその次元、クリエーションの成果に、どうぞご期待ください。
◇【第29回下北沢演劇祭 2019年2/1(金)~3/3(日)】公式サイトは こちら
◇その中の【コード・コード・コード ’19 2019年2/28(木)~3/3(日)】のページは こちら
 

【スペースノットブランクとは】
小野彩加と中澤陽が舞台作品を制作する組織として2012年に設立。東京を拠点として舞台作品の制作を中心に活動を展開。舞台芸術の既成概念に捉われず新しい表現思考や制作手法を取り入れながら舞台芸術の在り方と価値を探求している。環境や人との関わり合いと自然なコミュニケーションを基に作品は形成され、作品ごとに異なるアーティストとのコラボレーションを積極的に行なっている。
2017年〈第8回せんがわ劇場演劇コンクール〉にてグランプリ受賞
2018年〈下北ウェーブ2018〉及び〈高松アーティスト・イン・レジデンス2018〉に選出

舞台を満たすものを考える。そこになにがあるのか、そこでなにをするのか。
「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」というタイトルの舞台作品は、それだけ聞けば当たり前のように思えることを探究し、際限のない多様によって舞台を満たす新しい舞台作品です。一般公募により集まった出演者たちとスペースノットブランクがコラボレーションし、舞台という環境に表れる会話と状態、そして表現を、新しくも身近な日常のドラマとして描き、観客たちと共有します。

【言葉だけでは満ちたりぬ舞台/ステートメント】
コード・コード・コード
3つのコードは、『参加者・アーティスト・下北沢』を表します。
コード/code には「遺伝」と「記号」の2つの意味があります。人や土地には、これまで蓄積されてきた経験や歴史が「遺伝」的コードとして存在します。それらを身体の動きに手繰り寄せ、「記号」的な表現としてアウトプットします。
難しく感じるかもしれませんが、そんなことはありません。あなたの身体に素直になった時、自然と出てくるものがあなたのコードです。参加者どうしのコードを、アーティストのコードを、下北沢のコードを互いに感じながら自由な表現を楽しみましょう。その先には、美しくカタルシスに満ちた舞台芸術が作品となって現れてくるはずです。

新進気鋭の若手アーティストと創る舞台芸術!
第29回下北沢演劇祭「コード・コード・コード ’19」参加作品
スペースノットブランク「言葉だけでは満ちたりぬ舞台 Words are not enough in Theatre」(←スペーノットブランク公式サイト内の本作のページをlink!)
演出:小野彩加 中澤 陽

【日程】 ※演劇祭全体の中でのスペースノットブランクの上演は、下記の通りです。
2019年3/1(金)~3/3(日) 下北沢・北沢タウンホール

3/1(金)19:00
3/2(土)14:00
3/3(日)14:00

※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前の予定です。

【出演】
岡澤由佳 片岡真優 古賀友樹 近藤千紘 齊藤玲子
坂本沙季 櫻谷翔吾 高嶋柚衣 瀧腰教寛 中條玲
長井建都 中島晃紀 花井瑠奈 程島けい子

【スタッフ】
演出補:山下恵実
舞台監督:早坂富雄
照明プランナー:吉田衣里
照明オペレーター:阿部麻純
音響:櫻内憧海
協力:プリッシマ、ひとごと。、お布団
製作:スペースノットブランク

◆第29回下北沢演劇祭 コード・コード・コード ’19 のスタッフクレジット
主催:第29回下北沢演劇祭実行委員会
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会、下北沢商店連合会、北沢地区町会連合会
協力:小田急電鉄株式会社、京王電鉄株式会社、東京急行電鉄株式会社
企画・製作:本多劇場、株式会社本多企画/本多一夫

【チケット一般発売日&料金】
チケット一般発売日:12/15(土)11:00~
料金(全席自由):予約・当日共 一般 1.000円 高校生以下 500円 小学生以下は無料 世田谷区民(在住・在勤・在学)800円
※高校生以下、小学生以下、世田谷区民にてご予約の方は、当日の受付にて証明書をご提示いただきます。

◆チケット取り扱い
電話での予約:本多劇場 03-3468-0030(11:00~19:00)
WEBでの予約フォームは→ こちら

演劇祭全体についてのお問い合わせ:本多劇場 03-3468-0030(11:00~19:00)
作品についてのお問い合わせ:スペースノットブランク spacenotblank@gmail.com

【会場】
下北沢・北沢タウンホール 地図は こちら
世田谷区北沢2-8-18
TEL:03-5478-8006(区民会館の電話番号です。北沢総合支所へのお問い合わせは、各係へ直接お電話ください。担当の係がご不明の場合はこちらへ→03-5478-8000)
※小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」北口から徒歩5分(新設された「東口改札」から劇場へ向かってくださいませ。2018年12月22日付にて、「仮北口改札」は「東口改札」へと名称変更されました)。バスの場合は「小田急バス 北沢タウンホール系統 下61 駒沢陸橋-北沢タウンホール」終点。車の場合は、専用の駐車場はございません。地下2階の公共有料駐車場は台数に限りがありますので、ご注意くださいませ。周辺にはコインパーキングがありますが、なるべく公共交通機関をご利用くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。尚、バイク用駐車場はありませんので、バイクにてのご来館はご遠慮くださいませ。

公演概要などの詳細は、上記の第29回下北沢演劇祭のサイト、そして スぺースノットブランクのサイト をご覧ください。ツイッターは こちら、フェイスブックは こちら です。尚、第29回下北沢演劇祭のツイッターは こちら、フェイスブックは こちら です。