薄平広樹 出演 舞台「イヌの仇討」

こまつ座「イヌの仇討」に出演します。
薄平にとっては、昨年「雨」(栗山民也)に引き続いてのこまつ座への出演となりますが、「イヌの仇討」への出演は今回が初めてです。また、演劇の殿堂 紀伊國屋ホールへの出演も今回が初めてとなります。
薄平は重要な役柄『清水一学』(上野介付近習)を担います。薄平広樹の実力と魅力に、どうぞご期待ください。

【本作について(公式サイトより)】
時代が遺すは事実か真実か。
吉良上野介、赤穂浪士、忠臣蔵…正義も悪も、世の中が変われば見方も変わる。
歴史のからくりと人間のドラマが交錯する、
現代(いま)をも鋭く切り取る物語が東憲司の手で再々演。

討ち入り当日、密室でお犬様と炭焼き小屋に隠れていた吉良上野介はどんな思いで
首をはねられるまでの二時間を過ごしたのか。
吉良の目線から、その知的な興味を駆使して語られるスリリングな舞台運びは、
忠臣蔵のもう一つの側面を浮かび上がらせる。
大石内蔵助が登場しない「忠臣蔵」が描き出すものは何か。
300年余の時を超え、今なお真実を問い続ける井上ひさし版「忠臣蔵」異聞。

時は元禄十五年(一七〇二)
十二月十五日の七ツ時分(午前四時頃)。

有明の月も凍る寒空を、裂帛の気合、不気味な悲鳴、そして刃に刃のぶつかる鋭い金属音が駆け抜ける。
大石内蔵助以下赤穂の家来衆が、ついに吉良邸内に討ち入った。狙う仇はただ一人。
「吉良上野介義央」
上野介は、家来、側室、御女中たちと御勝手台所の物置の中に逃げ込んでいた。
赤穂の家来が邸内を二時間にわたって、三度も家探ししていた間、身を潜めていたというあの物置部屋で、
彼らの心に何が起こったのか。
──討ち入りから三百二十年、歴史の死角の中で眠っていた物語は三度動き出す。

思えば、あの白髪の品のいい老人が気の毒でならぬ。
ある日、些細なことを根にもたれ、いきなり切りつけられたばかりか、
あげ句の果てには殺されて、壮大な貴種流離譚のために、
三百年間、悪く言われっ放しのあの老人を、
私はときどき手を合わせて拝みたくなる。
────井上ひさし

これは愛と犠牲の物語である。忠臣蔵の仇役・吉良上野介とその家臣たちに光を当てた異色作である。
井上ひさし版忠臣蔵には浅野内匠頭も大石内蔵助も出てこない。
主人公の白髪の老人は家臣を思い、忠義を重んじた。家臣たちも主人公を守ろうと必死に戦う。
討ち入られ逃げ込んだ物置の中で、登場人物たちはもがき苦しむ。
作者は権力に忠実なイヌとして生きてきた老人を慈しみながらも、滑稽に笑い飛ばし、厳しく残酷に打ちのめす。
生と死と、喜劇と悲劇が絶妙に混じり合い、観客の心を掴んでゆく。
初演、再演、そして再々演、更なる高みを目指すのだ。
戯曲に散りばめられた愛溢れる台詞の数々を光り輝かせ、あの事件を体現するのだ。
三百年前の事件を通して、きっと現代の日本が見えて来るはずである。
────東憲司

こまつ座「イヌの仇討」(←公式サイト内の本作のページをlink!本作についての詳細はこちらを!)
作:井上ひさし
演出:東憲司

【日程】
11/3(木・祝)~12(土) 新宿東口・紀伊國屋ホール

11/03(木・祝)16:00
11/04(金)14:00
11/05(土)14:00 / 18:30
11/06(日)14:00
11/07(月)休演日
11/08(火)14:00 / 18:30
11/09(水)14:00
11/10(木)14:00 / 18:30
11/11(金)14:00
11/12(土)14:00  全12公演

※上演時間は休憩を含み、2時間15分の予定です。
※開場は開演の30分前です。
※当日券は開演の1時間前から劇場入口にて販売します。

【地方公演=九州公演 11/15(火)〜12/23(金)全15会場32公演は、九州演劇鑑賞団体連絡会議[会員制公演]です】
その詳細は以下の通りですが、劇場名に公式サイトをリンクしています(アクセス=地図あり!)。
★開演時間、チケット一般発売日・料金・取り扱いなどの詳細は、各々の劇場公式サイトをどうぞご確認ください。
尚、上記の通り九州演劇鑑賞団体の会員制公演ですが、会員ではない一般の方々のご観劇が果たして可能であるのかどうかの側面は現状では弊社は把握しきれておりません。その件につきましては、各地区の演劇鑑賞団体にお問い合わせいただくことが最も確実な方法です。その点を、何ぞとよろしくお願いいたします。
★九州演劇鑑賞団体連絡会議の一覧リストは→ こちら

◆福岡(北九州)公演 北九州芸術劇場 中劇場 ※以下、全ての劇場名に公式サイトをリンクしています。
11/15(火)~19(土) 全6公演
11/15(火)15:30
11/16(水)13:30 / 18:30
11/17(木)13:30
11/18(金)13:30
11/19(土)12:30

◆山口公演 下関市生涯学習プラザ(海のホール)
11/21(月)~23(水・祝) 全3公演
11/21(月)18:30
11/22(火)18:30
11/23(水・祝)13:00

◆福岡(直方)公演 ユメニティのおがた 大ホール
11/24(木)18:35 全1公演

◆福岡(田川)公演 田川文化センター 大ホール
11/27(日)18:30 全1公演

◆大分(大分)公演 J:COMホルトホール大分 大ホール
11/29(火)18:30 全1公演

◆大分(別府)公演 別府国際コンベンションセンター(ビーコンプラザ)フィルハーモニアホール
11/30(水)18:30 全1公演

◆鹿児島 宝山ホール 県文化センター
12/2・3(金・土) 全2公演
12/2(金)18:30
12/3(土)13:30

◆宮崎(都城)公演 都城市総合文化ホール 中ホール
12/5(月)18:30 全1公演

◆宮崎(宮崎)公演 メディキット県民文化センター 演劇ホール
12/6(火)18:30 全1公演

◆熊本公演 熊本県立劇場 演劇ホール
12/7・8(水・木) 全2公演
12/7(水)18:30
12/8(木)13:30

◆福岡(福岡公演) ももちパレス 福岡県立ももち文化センター 大ホール
12/9(金)~14(水) 全5公演
12/9(金)18:30
12/10(土)13:30
12/11(日)13:30
12/12(月)休演日
12/13(火)18:30
12/14(水)12:30

◆長崎(諫早)公演 諫早文化会館 大ホール
12/15(木)18:30 全1公演

◆長崎(佐世保)公演 アルカスSASEBO 大ホール
12/16(金)18:30 全1公演

◆佐賀公演 佐賀市文化会館 中ホール
12/18・19(日・月) 全2公演
12/18(日)19:00
12/19(月)13:00

◆長崎(島原)公演 島原文化会館 大ホール
12/20(火)18:30 全1公演

◆長崎(長崎)公演 長崎市民会館 文化ホール
12/21(水)~23(金) 全3公演
12/21(水)18:30
12/22(木)13:30
12/23(金)13:30

【出演】
大谷亮介
彩吹真央
俵木藤汰
田鍋謙一郎
石原由宇
大手 忍
尾身美詞
薄平広樹
原口健太郎
三田和代

【スタッフ】
音楽:宇野誠一郎
美術:石井強司
照明:小沢 淳
音響:秦 大介
衣裳:中村洋一
所作指導:花柳けい
宣伝美術:安野光雄
演出助手:宮田清香
舞台監督:白石英輔
制作統括:井上麻矢
主催:公益社団法人 日本劇団協議会

【東京公演 チケット一般発売日&料金】 ※九州公演につきましては各演劇鑑賞団体、各劇場へお問い合わせください。
チケット一般発売日:9/10(土)10:00~
料金(全席指定・税込):8.000円 U-30(観劇時30歳以下)6.500円

◆チケット取り扱い ※各会社名に公式サイトをリンクしています。
こまつ座:03-3862-5941 オンラインチケットは こちら
チケットぴあ
ローソンチケット(Lコード:33256) ※ローソン、ミニストップ店内Loppiで直接購入できます。
イープラス ※ファミリーマート店舗でも直接購入できます。
カンフェティ TEL;0120-240-540(平日10:00〜18:00)
キノチケットカウンター 新宿駅東口・紀伊國屋書店新宿本店1階(店頭販売10:00〜18:30) ※5階から1階に移動しました。
キノチケオンライン

お問い合わせ:こまつ座 03-3862-5941(平日10:00~18:00)

【会場】 ※劇場名に公式サイトをリンクしています。
新宿東口・紀伊國屋ホール
新宿区 新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F TEL:03-3354-0141
※JR線・小田急線・京王線・地下鉄丸ノ内線「新宿駅」東口より徒歩5分、地下鉄丸ノ内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」B7出口。新宿通り沿いにあります。

公演の概要、チケット取り扱いなどの詳細は、こまつ座のサイト をどうぞご覧ください。 ツイッターは こちら、フェイスブックは こちら 、YouTubeチャンネルは こちら です。