福原 冠 出演 舞台「ディグ・ディグ・フレイミング!~私はロボットではありません~」

範宙遊泳「ディグ・ディグ・フレイミング!~私はロボットではありません~」に出演します。 福原は範宙遊泳のメンバーの一人です。本年2/28の岸田戯曲賞受賞(2021年上演「バナナの花は食べられる」)により、さらに注目を集める範宙遊泳の新作公演です。会場は池袋西口・東京芸術劇場シアターイースト。非常に環境の良い劇場です。 カンパニーの本公演としては一年ぶりの新作となる本作、そして範宙遊泳の主軸を担う福原のその実力と魅力に、どうぞご期待ください。

【範宙遊泳 とは(公式サイトより)】
2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。
生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。
近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。
『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。
『バナナの花は食べられる』で第66回岸田國士戯曲賞を受賞。

【本作について(範宙遊泳公式サイトより)】
時代は笑って許せるか?
その集団は何度も何度も人々を怒らせた。彼らを怒る人々はせいぜい遠隔的にいやがらせを行うくらいで決してその集団の目の前には現れなかった。怒られた実感のない集団は、自分たちの過ちを忘れまた再び人々を怒らせるようなことをする。怒る人々はますます怒るがその集団を社会から抹殺することはできない。なぜならばその集団には驚くべき愛らしさがあったからだった。

---山本卓卓渾身の新作長編はめげない人々に捧げる生命讃歌。2020年の公演中止を経て待望の上演!

本年2/28 岸田戯曲賞受賞後の新作本公演!
範宙遊泳「ディグ・ディグ・フレイミング!~私はロボットではありません~」
(↑ 公式サイトの本作のページをlink!詳細はこちらを!)
作・演出:山本卓卓

★新型コロナウイルス感染予防対策につきましては→ こちら(東京芸術劇場公式サイト)
加えて、緊急事態舞台芸術ネットワーク『舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン』→ こちら

【日程】
6/25(土)~7/3(日) 池袋西口・東京芸術劇場 シアターイースト

6/25(土)18:30 ←初日アフタートークを予定!詳細は追って公式サイトにて情報告知されます。
6/26(日)13:00
6/27(月)19:00
6/28(火)休演日
6/29(水)13:00 / 19:00
6/30(木)19:00
7/01(金)19:00
7/02(土)13:00 / 18:30
7/03(日)13:00  全10公演

※受付は開演の45 分前、開場は開演の30 分前です。上演時間は2時間以内の予定です。

【出演】
埜本幸良 福原 冠(以上、範宙遊泳)
亀上空花
⼩濱昭博(劇団 短距離男道ミサイル)
李そじん(⻘年団/東京デスロック)
百瀬 朔
村岡希美(ナイロン100℃/阿佐ヶ⾕スパイダース)

【スタッフ】
アートディレクター:たかくらかずき
音楽:⼤野希⼠郎
美術:中村友美
照明:富⼭貴之
⾳響:池⽥野歩
⾐裳:⾅井梨恵
舞台監督:櫻井健太郎
演出助⼿:中村未希
宣伝イラスト:禺吾朗
宣伝デザイン:工藤北斗
広報協力:合同会社syuz’gen
当⽇運営:藤井ちより
制作助⼿:柿⽊初美
制作:⼤蔵⿇⽉
プロデューサー:坂本もも
協力:プリッシマ、劇団 短距離男道ミサイル、青年団、東京デスロック、ギフト、ABP、ナイロン100℃、阿佐ヶ谷スパイダース、
アパッチ、合同会社Conel、モモンガ・コンプレックス、合同会社ロロ、森下スタジオ、ローソンチケット、チケットぴあ
助成:芸術⽂化振興基⾦、公益財団法人セゾン文化財団
提携:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場
企画制作・主催:合同会社範宙遊泳

【チケット一般発売日&料金】
チケット一般発売日:5/15(日)10:00~ ※5/14(土)10:00~ 東京芸術劇場先行発売
料金(税込):前売 一般 4.000円 U25(25歳以下)3.000円 高校生以下(一律)1.000円 障害者割引 2.000円
当日券=各500円増し
※U25、高校生以下、障害者割引は、当日の受付にて証明書をご提示いただきます。

​ ◆チケット取り扱い(それぞれ公式サイトをリンクしています)
<一般・U25/事前入金・事前発券>
​◇演劇最強論-ing(手数料無料・チケット代のみで購入可)→ こちら
◇ローソンチケット→ こちら Lコード:31990 ローソン・ミニストップ店内LoppiにてLコードを入力
◇チケットぴあ→ こちら Pコード:512707 興行コード:2216207
◇東京芸術劇場ボックスオフィス→ こちら TEL:0570-010-296(窓口と共に、休館日を除く10:00~19:00)
◇Peatix(オンラインチケット販売)→ こちら
◇高校生以下・障害者割引&当日精算はカルテットオンライン→ こちら

※未就学児入場不可。
※前売チケットはクレジット決済またはコンビニ入金、事前発券が必要です。
※ご予約の変更、チケットの再発行はできません。
※開演時間を過ぎますとお席にご案内できない場合があります。
※車椅子でご来場の方は、スペース確保のため事前に劇団へ連絡をお願いします。
※託児サービスあり。1週間前までに予約をお願いします→ こちら(東京芸術劇場公式サイト)

★以上のチケット取り扱いの詳細は、上記リンク先の範宙遊泳公式サイトをどうぞご確認ください。

お問い合わせ:範宙遊泳 制作 TEL:090-6182-1813 Mail:hanchu.ticket@gmail.com

【会場】 ※劇場名に公式サイトをリンクしています。
池袋西口・東京芸術劇場 シアターイースト 地図は こちら
豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場地階 TEL:03-5391-2111
※JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線「池袋駅」西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結しています。地下に下りて、向かって左側がイースト、右側がウエストです。

公演の概要、チケット取り扱いなどの詳細は、範宙遊泳のサイト をどうぞご覧ください。
ツイッターは こちら、フェイスブックは こちら です。